保険見直し相談なら大阪・堺市-株式会社ERPインシュアランス

保険のことご相談ください!

ライフステージ別の考え方

HOME >  保険のお悩み相談  > ライフステージ別の考え方

ライフステージで考える「保険の選び方」

独身のとき

結 婚

子供の誕生

住宅購入

子供が独立

退 職

  • 独身のとき

    独身のときは、特別な事情が無ければ、死亡保障については多額な保障は不要だと考えられます。それよりも病気やケガの時の保障や将来に向けての資産形成を重視した保険を選ぶことがおすすめです。

  • 子供の誕生

    お子様の誕生により、必要となる保障額・保障内容も変わってきます。教育費がどのくらいかかるのか、子供が入院した場合の保障など総合的に考える必要があります。

  • 子供が独立

    子供が独立することで、高額の死亡保障の必要性は低くなります。高齢化していくにあたって、自分自身の入院や手術に備えるための医療保障の必要性が高まります。

  • 結婚

    人生の伴侶となる人ができ、自分のことだけでなく家族のことを考える必要が出てきます。万一の際に必要になる保障額も増える時期です。夫婦共働きか、専業主婦(主夫)かによっても考え方は異なります。

  • 住宅購入

    住宅を購入するときに、ほとんどの場合は「団体信用生命保険」に加入します。加入すれば債務者に万が一があった際には住宅ローンの残債が相殺されます。これにより必要になる保障額が下がりますので、保険を見直す良いタイミングといえます。

  • 退職

    高齢化にあたり死亡保障の重要性は最も低くなる反面、この時期から医療保障の必要性がグンと上がります。入院や手術に備えるため生涯の保障が確保できることが理想的です。

  • 生命保険・学資保険のご相談・お問い合わせはこちらから

    保険はライフステージの変化に合わせて、その時期に応じた最適なプランを選択することが大切です。お客様の現在のステージや、ご希望・ご要望、その他の環境に合わせて最適なプランを探すお手伝いをさせていただきます。

PAGE TOP